東海 HOMEへ戻る

東海惑星研究会第12回例会模様 2007年01月20日(土)13:30〜16:00 

-------------------------------------------------------------------- 発起人 池村 出席者  池村 河原 尾崎公一  日時  2007年01月20日(土) 15:00〜16:20 場所  名古屋市 中生涯学習センター 3階の第一和室 議題  近況報告、最近の惑星事情、自作望遠鏡の技術など 池村 380mmニュートン鏡筒の組み立て作業に追われています。    重くなるのを承知の上で1.6mmの鉄板にしました。鏡筒回転部と台座も合わせて、総重量100kg    になりそうです。    主鏡は良いのか悪いのかまだわかりません。斜鏡は中村光学に作ってもらいました。    ニュートンフリンジの写真ではなんとか1/8λだろうと思われます。    早く組み立てて、星像を確認したいです。もし、それで悪過ぎる鏡だったら31cmに    戻すつもり、作ってしまった鏡筒はどうするか考えていない。     尾崎さん     初めての参加です。    自宅のドームには42cmリッチクレチァン3鏡式のものがあります。2次鏡は150mmぐらいです。    大変ピントがシビアで、星像がたいへん良い。畑中さんが見に来てびっくりしていた。    ミカゲの製品です。    3鏡式なので、裏像を直すため、鏡つきの接眼レボルバーを使用している。    光軸修正が大変難しい。    多くの惑星を撮影したが、そのままハードディスクに    入れっぱなしになっている。    1月13日昼間C/2006P1 McNaughtが良く見えました。金星より明るく尾を引いているのが見    えました。 河原さん    もうすぐ、定年退職したら、また、天文を始めようかと思う。私の趣味天文だけではないけれど。    38cmの修正研磨? んなものおれはできん。もしやるなら2000番の砂すりまで戻るんですよ。    鏡面になっていてもいきなり修正はできない。密着した良い状態のピッチ盤が出来ていないとうまく    行かないから。しんどいから、いや。ちゃんとしたところに修正研磨を出したら30万ほど..もっとかかるかも。 望遠鏡作り、材料について    尾崎:JR鶴舞駅の金山寄りのガードしたにギア材を扱う会社があって、直径30cmのウォーム    ホイールギアを作ったことがある。今作ったるでちょっと待っとって といわれて1時間ほど    待ってたらできた。3000円支払った。どうにも使いこなせず、ほしい人に譲ったことがある。    池村:ええ! もしかして、それがサザンクロスの杉田さんに回り、水野義兼さんに回り池村が今使    っている物じゃないかな。直径30cmぐらいで しんちゅう の..    尾崎:そうそう、たぶんそれ。歯数360で注文したら、360はできないと359か、364    どっちがいい、といわれて、359で作った。    河原:360というのは当時はコンピュータで指定できないの。今は360でも出来るけれどね。 土星探査機 カッシニの画像について。    リングの構造について。    尾崎:最近の輪の近接撮影によると、輪は縄をならべたような構造になっていて、その中に無数の    細かい衛星がある。その重力場に乱されて衛星近くが避けたり、寄ったりみだれが生じている    様です。ちょくちょくNASAのページを見て画像をチェックしています。 次回の例会 4月21日土曜日とします。    決まり次第お知らせします。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  メンバー 池村 河原  中西 白石 城 船戸  福村 尾崎 2007/01/20 現在 出席回数 13 13 2 2 5 4 1   1  発起人 池村 俊彦  〒468-0004 愛知県名古屋市天白区 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東海 HOME